広島県感染症拡大防止
協力支援金令和3年度第1期

広島県内全域

感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第1期)の概要

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う人流抑制の観点から、令和3年5月16日から令和3年6月1日を令和3年度第1期として、県の要請に協力いただいた事業者に感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第1期)を支給いたします。
令和3年度第1期(5/16~6/1)は、緊急事態措置期間(5/16~5/31)、緊急事態措置延長期間(6/1)の、それぞれの期間の「全日」、協力することが要件です。

※準備期間のために、協力開始が5月16日に間に合わない場合でも、5月19日までに協力を開始し、5月31日までのすべての日において協力した場合、要件を満たします。ただし、準備期間(協力を行っていない日)については、支給できません。なお、協力開始日がいずれの日の場合も、当日深夜0時が要請開始時間となります。

※期間5/16~5/31、期間6/1どちらか1期間のみの申請も可能です。期間ごとに算出した申請額を合計して申請してください。

広島県内全域について

対象者(広島県内全域)

次のいずれにも該当する事業者が対象です。

  1. 飲食店の店舗が広島県内に所在していること。
  2. 飲食店(飲食店営業許可「1類」または「3類」、または喫茶店営業許可「1類」)で、屋内に常設の飲食スペースを設けていること。
  3. 「酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店」もしくは、「要請前に20時から5時までの間に営業を行っている飲食店(閉店時間が20時以降であること。)」
  4. 「広島積極ガード店」かつ「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」であること。

    ※ 協力支援金の申請期限までに、感染防止の取組を行い「広島積極ガード店」の申請・登録を行ってください。(「広島積極ガード店」の申請により、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」として登録されます。)

※流川・薬研堀地区の店舗で、この区分(県内全域)の対象となるのは、要請前の閉店時間が20時以降で酒類を提供しない飲食店や要請前に20時より早く閉店していた酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店となります。

※流川・薬研堀地区で要請前に20時以降に酒類の提供を行っていた店舗は、この区分(県内全域)での申請はできません。(流川・薬研堀地区での申請しかできません。)

対象エリア(広島県内全域)

広島県内全域

支給要件(広島県内全域)

支給要件は、それぞれの期間によって異なります。

緊急事態措置期間(5/16~5/31、6/1)

期間の全日、酒類・カラオケ設備の提供を行わないことが要件となります。

  • すべての日において、休業した場合のみ、休業申請となります。
  • 20時までの時短営業(酒類、カラオケ設備の提供なし)を行った場合、時間短縮申請となります。

※準備期間(5/16~5/18)を利用の場合を除き、1日でも20時を超えて営業を行った場合には、支給できません。

(注)店舗営業を休業しても、テイクアウト・デリバリー等を行った場合は、時短営業の金額で計算します。

支給額(広島県内全域)

支給要件は、それぞれの期間によって異なります。詳細はホームページ内の申請手引にてご確認ください。

緊急事態措置期間(5/16~5/31、6/1)
中小企業 時短 3.0~9.0万円/日
休業 3.5~9.5万円/日
大企業 時短 最大19万円/日
休業 最大19.5万円/日
  • ※要請前の閉店時間が20時以降で、酒類又はカラオケ設備の提供を行っていない飲食店は、休業した場合でも、時短の金額で計算します。
  • ※要請前の閉店時間が20時より早い閉店で、酒類又はカラオケ設備を提供している飲食店は、休業した場合のみ対象(時短の場合は対象外。)となります。

(注)店舗営業を休業しても、テイクアウト・デリバリー等を行った場合は、時短営業の金額で計算します。

申請書様式の入手方法

  1. 県内23市町及び県の合同庁舎の窓口配布場所はこちら(PDF)
    ※各市町の支所等でも配布している場合があります。詳しくは各市町にお問い合わせください。
  2. 当ホームページからダウンロード

1及び2のいずれでも対応できない場合は,郵送により対応します。(連絡先:広島県協力支援金センター 082-248-6851)

交付要綱

交付要綱(改訂版)PDFファイル

※緊急事態措置の延長により,要件や単価が変更となったため,改正しました。

重要事項